Japanese Russian English

  

   
Introduction
アカデ ミック・スタ ディーは膨大 な量のエネルギーを必要とする人類最高の表現です。
その目的は、基本法則や現 象を説明する為の探求だけでなく、科学的な好奇心に触れる為だけのものではありません。 アカデミック・スタディーの結果は、最低限市場の製品に活用すべきであり、真の 革新的なプロジェ クトであることが最も理想的であると言えるでしょう。研究者としては往々にして“美の追求”であることが 多々ありますが、本来、世界に羽ばたき発展してい くべきなのです。
しかし実際には、ここ10年のロシアにおいてアカデミック・スタディーと産業の間には大きな壁 が出来ています。産業界の基礎的知識の欠如や、国内の研究開発の自然減、科学的な好奇心への無関心などがあ り、研究成果を産業に活かしているとは言えませ ん。
そのため、“ロシアの科学”に注目している、または興味のある IT産業のプロフェッショナルである外国企業を通じて、ロシアの科学的なポテンシャルを導き出していく必要 があります。
我々は情報交換という方法もってロシアの科学と世界の産業のさらなる発展を率先して促進していきたいと 思っ ています。

日本は比 類なき独創性と想像力 で、優れた製品を世界に大量供給する技術立国として世界的に認められています。日本は独特のアプローチ を行っただけではなく、素晴らしい製品を追求すると いう狙いを持って発展していきした。そして、小規模の企業で小規模の資金から始まった技術革新は、大戦 後に強烈な発展を遂げました。その科学技術の進歩を 分析する と、高い技術を持った日本という疑う余地の無い優位性もありますが、それと同時に、ヨー ロッパやアメリカなどから輸入された技術を、その勤勉さと根気強さで大いに活用してきたということも言 えるでしょう。”世界の科学的発見”と”日本の比類 なき技術力”で独特の先進的な量産物を想像してきたのです。
これは、有用な基礎研究が日本の想像性と技術革新の地に舞い降 りて、素晴らしく有効活用した実証でもあります。

我々のミッション

  1. ロシアの科学者のユニークなアイデアや開 発を発見する手助け
  2. 日本の製品に応用可能な技術分野における 特許や斬新なアイデアの探索
  3. ロシアの科学者やプログラマーと日本の民 間企業や公共企業への関係の手助け
加 えて我々は、日本の化学、生化学、医療工学、物理学、エネルギーなどの様々な研究機関や研究所 への共同プロジェ クトのパートナーを見つけ ます。

 back


   
Copyright (c) 2008-2015 North Concept., Inc